Blog


大森悟准教授の個展が銀座はギャラリー58にて開催されます。
またこの夏に中国の上海にあるJoshibi Art Galleryでも個展が開催されます。
グリーンのレーザー光を利用したインスタレーション作品を是非体感してください。

大森 悟|空面|ギャラリー58|2013

大森 悟|空面|ギャラリー58
期間: 2013.9.17(火)-9.28(土) (休廊:9.22日曜日)
会場:ギャラリー58
〒104-0061
東京都中央区銀座4-4-13 琉映ビル4F
Tel・Fax 03-3561-9177

12:00p.m.-7:00p.m.(最終日5:00pmまで) 日曜休廊
東京メトロ銀座線・丸ノ内線・日比谷線 銀座駅 B1・B2出口より徒歩1分
JR有楽町駅より徒歩5分
http://www.gallery-58.com/

作家コメント:
ギャラリーの4方向の壁面に古びた鏡が貼り付けられている。
天井近くの高い位置に1列の横並びに飾られた鏡の間に、水平器が数台設置され
グリーンのレーザー光が点灯し水平面を浮かび上がらせていいる。
この暗室内に現れる水平面は、合わせ鏡の原理で水平器からのレーザー光を
横並びの鏡に当て反射光を往復させ、会場内に空のような天空世界の存在と永遠の時間を生み出している。

自分を映す、誰かを映す、そして周りの風景を映す。
鏡は、ずっと映し続けている。もう一つの世界として写す。
映画の長回しの画像のように、見ている人の視線を視覚という感覚と時間に置き換える。
そして、鏡の前では過去と今が繋がってゆくことになる。
それは夜空の星の光のように、今見ている光が何万光年という時間を繋ぐのと同様に。

その光を見るために、上を向き、触れるために手を伸ばしてみる。
『空面』という境界線が空の厚みと重みを遮っていることに、気づくと思います。

【関連リンク_スタッフ紹介】http://mixed-color.com/staff

【関連リンク_Joshibi Art Gallery】http://www.joshibiartgallery.com/






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »