汚れる度に、美しさが増える。


最新ニュースはこちらから>>お知らせ
教員紹介のページ>>こちらから

女子美術大学 洋画研究室

人材育成について
入学時点では、描くことで何かを表現したいと考えている学生、独自な(個性的な)ものの見方や
考え方のできる学生、活発に行動できる学生を望んでいます。

美術全般に関する知識を習得し、将来、美術の専門家として活動するための基本的能力を身につけます。

1.美術表現について理論的・歴史的に説明できる能力、及び美術活動を行う上で先行する諸理論と歴史から
新たな発想を生みだす能力を養います。

2.表現に必要な技術・技法や材料を考える力を身につけます。

3.美術をベースにしたコミュニケーション能力を身につけます。

【入学後】

平面絵画を中心に、油彩画、版画、ミクストメディア、映像表現、インスタレーションなど幅広い表現を学ぶこと ができます。美術活動全体から専門領域を認識するために、美術全般の基礎的技術や素材、さらに実践に即した美術理論を横断的に学び、美術に対する視野を広 げ、個人の発想による制作に社会性を見い出せるようにします。

1年次
「絵画A」では油彩画を中心に、対象を観察して描く絵画の基本を学びます。「絵画B」は発想を作品に展開する方法や技術の基礎を学びます。また、作品のベースとなる考えや制作工程を記録しポートフォリオを作成します。
2年次
絵画コースと版画コースに分かれます。絵画コースは、「絵画A」で描くことの基本を、「絵画B」で油彩画にとどまらずさまざまな表現方法を追究します。版画コースは、木版、銅版、石版、シルクスクリーンの基礎的技術を学びます。ポートフォリオの作成を継続します。
3年次
絵画コース、版画コースにおいて、創造的発想を表現につなげるための専門的な技術を習得します。講評会で自作品について批評・解説を行えるようにプレゼンテーション能力を高めます。
4年次
これまでに養った創造的表現力や表現方法を土台に、テーマを明確化することで独自な作品制作を目指します。ゼミ形式で各自の発想を総合的に展開し、社会的な創作活動の出発点となる卒業制作を行います。

【進 路】

大学院進学、画家、版画家、美術家、美術教員、美術教育者、学芸員、広告デザイナー、キャラクターデザイナー、
ジュエリーデザイナー、舞台美術家、コーディネーター、プロデューサー 他

【 関連リンク_入試日程
http://www.joshibi.ac.jp/admission/essential/college

【 関連リンク_入学資格審査
http://www.joshibi.ac.jp/admission/essential/college

【 関連リンク_過去の入試データ
http://www.joshibi.ac.jp/admission/data

【 関連リンク_学費
http://www.joshibi.ac.jp/admission/tuition

女子美



Calendar

2017年7月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 6月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31