Blog

韮崎大村美術館所蔵 響きあう女性美術家の世界展

佐野ぬい先生はじめ、広瀬晴美先生が出品されている展覧会のご紹介です。

茅ヶ崎市美術館
韮崎大村美術館所蔵 響きあう女性美術家の世界展

韮崎大村美術館所蔵 響きあう女性美術家の世界展

会 期:2012年4月28日(土)~6月10日(日)
休館日:毎週月曜日[ただし4月30日は開館]、
5月1日(火)、2日(水)、8日(火)~10日(木)
開館時間
10:00~18:00(入館は17:30まで)
観覧料
一般300円(250円) 大学生200円(150円)
高校生以下、市内在住65歳以上の方・障害者およびその介護者は無料
( )内は20名以上の団体料金
主 催
財団法人 茅ヶ崎市文化・スポーツ振興財団
協 力
韮崎大村美術館
学校法人 女子美術大学
女子美術大学同窓会神奈川支部
後 援  神奈川新聞社

出品者:
石井 礼子 1999年 大学院修了
江口 美幸 2000年 洋画卒 2012年春陽会賞
橋本 美智子 1997年 洋画卒 2002年パリ賞受賞

佐野 ぬい  名誉教授 前学長
新城 小波江 名誉教授
原 光子   名誉教授
溝田 コトヱ 名誉教授
山本 久美子 名誉教授

福島瑞穂 学部、大学院 非常勤講師
広瀬晴美 洋画研究室 助教

山梨県韮崎市の韮崎大村美術館は天然物有機化学者大村智博士により蒐集された美術品コレクションが風光明媚な故郷韮崎市に建物とともに寄贈され、2007年に開館しました。大村美術館の特色はコレクションの大半が明治の先駆者たちから現代活躍する作家たちまで、女性の作品で占められていることです。
 今回茅ヶ崎市美術館では韮崎大村美術館の協力により女子美術大学出身者を中心とした女性美術家の作品のみによる展覧会を開催いたします。新緑の季節にふさわしい山里の美術館から海辺の美術館への贈り物となるでしょう。この展覧会では湘南ゆかりの画家片岡球子や三岸節子、堀文子をはじめ近代日本美術史を彩った女性美術家たち約70名による約100点の油彩画、日本画、彫刻、工芸などをご鑑賞いただきます。日常に根差した力強く、同時に繊細な女性美術家たちの世界をお楽しみいただきたいと思います。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »