Blog


学部4年在籍の市村香織さんがトーキョーワンダーサイトで開催する展覧会企画公募にて
選出され、展示を行います。
是非ご高覧下さい。

【クリックして画像拡大】

第7回展覧会企画公募 「TOC [toasters city / country / cosmos] 」
Emerging Artist Support Program 2012

会 期:2012年12月 1日 〜2013年1月14日
休館日:11/5・12・19・26、12/3・10・17・25、12/29~1/4、1/7
時 間:11:00-19:00
入場料:無料
主 催:公益財団法人東京都歴史文化財団 トーキョーワンダーサイト
会 場:トーキョーワンダーサイト本郷

http://www.tokyo-ws.org/archive/2012/10/toc-toasters-city-country-cosmos.shtml

展覧会の企画を志し活動している若手への支援・育成を目的とし、展覧会企画そのものを公募するプログラム「展覧会企画公募」。選出された企画はTWSが支援し、TWS本郷にて展覧会を実施する機会を得ます。
今、 私たちは大きな転換期を迎え、文化芸術やアートの担い手としてのミッション、展覧会を開催する意味…これまで当然とされ省みることの無かった、あらゆ る事象を根本から再考する局面に立っています。多様性を帯び流動的なグローバル社会では、価値基準や情報への関わり方も変容し、改めて「キュレーション」 という行為やそれにまつわる思考が見直されています。また、芸術作品をモノとしてではなく、活動そのものやプロセスをアートとして提示し、リアリティを追 求する動きも顕著に見受けられます
第7回目を迎える2012年度は、《キュレーションとは何か?》をテーマ に検討していきます。新しい表現の可能性のみならず、展覧会という表現の場をとおしていかに社会へコミットし、新たな協働の地平を開いていけるか。TWS は、これまでの「展覧会」という枠組みを再考し、積極的に展覧会とはどのような場であるかをともに考え、ともに試行していく企画を募集しました。今年は3 企画に加え、1企画を奨励賞としてキュレーション・ゼミ参加者から選出いたしました。

選出企画
■upDate 2011111111111s
企画者:ミラク・ジャマール、ニーン・山本‐マッソン
■Lleca(ジャカ) から cohue(コゥエ)へ―刑務所からのフォトグラフィー
企画者:エレナ・アコスタ
■But Fresh
企画者:吉澤博之
奨励賞 (キュレーション・ゼミ選出)
■TOC [toasters city / country / cosmos]
企画者:高橋 夏菜
///////////////////////////

【企画概要】
アーティストとキュレーターの関係性は、日常と非日常の間柄に似ているように思います。
本展で扱う作家・市村香織は、トースターと共に東京の街中を行動するインスタレーション《TOC》によって、非日常の光景を作り出そうとします。しかし、その行為は継続するほどに、彼女にとっての日常的な行動へと変化し、制作過程で非日常性は薄れていくのではないでしょうか。一方、キュレーションとしてのやり取りの中で生じたはずの関係性や言葉は、ひとつの作品として扱われ、展示されています。

【企画者プロフィール】
1989年秋田県生まれ。女子美術大学大学院美術研究科所属。本企画で作家・市村香織と組む。これまでの企画に「松原香織個展 Self-Globalization」(女子美アートセンター準備室、2012年)。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »