Blog

DM

洋画専攻非常勤講師である白井美穂先生が参加されている展覧会のお知らせになります。

■ 展覧会:ロードショー
■ 参加作家:白井美穂・松井智恵・三田村光土里
■ 会期:2013年10月1日(火)— 11月30日(土)

➢ 松井智恵 10月1日(火)—10月18日(金)
➢ 白井美穂 10月22日(火)—11月8日(金)
➢ 三田村光土里 11月12日(火)—11月30日(土)
■ 会場:void+ 営業時間 火— 土 14:00-19:00 日,月,祝日休み
107-0062 東京都港区南青山3-16-14-1F  Tel: 03-5411-0080 Fax: 03-5411-0051
■主催:白井美穂・松井智恵・三田村光土里展実行委員会
■企画:O JUN
■協力:void+
■協賛:資生堂

http://www.voidplus.jp/chiematsuimioshiraimidorimitamura-roadshow/

void+は10月1日(火)から11月30日(土)まで、作家のO JUNの企画による白井美穂・松井智恵・三田村光土里の『ロードショー』展を開催いたします。各作家の個展を連続開催するシリーズの展覧会。続けて観る事で白井、松井、三田村の共通する作品の意味と根拠を探ります。各作家の使用するメディアは写真、画像、インスタレーション、絵画等異なりますが、共通するエレメントとして女性であること、「演劇的」な事があげられます。私的な記憶や体験を仮想の物語に移植したり、皆が知っている物語や寓話を引用し、そこに独自の解釈を加えたりと様々ですが、 彼女たちが創り出すその物語は、見る側の記憶を刺激します。会期中にO JUNも含め、アーティストトークも行う予定です。

“白井美穂、松井智恵、三田村光土里。この三人のアーティストの作品を観て、制作とその方法について考えたりすることはそれぞれの作家性とそこから生み出される表現の豊さや深さについて触れることであると同時に、一つの同時代性と女性性そのことに思いを巡らすことでもあるだろう。その手掛かりの始めとして、なぜこの三人のアーティストは「演劇的」なのだろうか?あるいは、劇的空間を作り出すのであろうか?身体、言語、風景を場所としてある時間的推移のなかでなに事かが運ばれてゆく?あるいはなに事も運ばれない状況といったことが映像で、写真で、アクションで繰り広げられるのだ。そう、それはまさに繰り広げられる、という観手の期待と予測(はいつも超えられて裏切られるのだが)に応えるかのごとく提示されるのだ。それぞれのアーティストのむかう場所や世界がそれぞれにことなるにせよ、なぜその運びと運ぶ移動手段が「演劇的」なのか?そのことの意味と根拠を明らかにできないだろうか?一つの問いとして彼女たちに訊ねてみたいのだ。” O JUN

【関連リンク_白井美穂HP】http://www.mioshirai.com/
【関連リンク_スタッフ紹介】http://mixed-color.com/staff



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Calendar

2017年8月
Mon Tue Wed Thu Fri Sat Sun
« 7月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Translate »