Blog

特別招聘教授:白井美穂
SHIRAI, Mio

1962年 京都生まれ
1986年 東京藝術大学絵画科卒業
1988年 東京藝術大学大学院美術研究科修士課程修了

【クリックして画像拡大】

主な個展
2020 「メテオール2 Conversion」gallery 21yo-j 東京
2018 「Time is Vertical」nap gallery 東京
2017 「Cosmicomics」TIME & STYLE MIDTOWN 東京
2016 「Book of Silence」nap gallery 東京
2013 「Roadshow」void+ 東京
2011 「Magic Carpet Ride」ギャラリー古今 東京
2009 「Unknown Binding」「Forever Afternoon」BankART NYK 横浜
2008 「Forever Afternoon」Northern Gallery for Contemporary Art イギリス
2006 「Finding Shangri-La」アートフロントギャラリー 東京
2005 「New Kingdoms」Chashama 217 Gallery ニューヨーク
2003 「Joie de Vivre」ヒルサイドギャラリー 東京
1998 「Endless Shuffle」ヒルサイドギャラリー 東京
1996 「Texture Girl」Modern Culture ニューヨーク
1994 メモリーズギャラリー 名古屋
「ill seen ill said」East West Cultural Studies ニューヨーク
1994 ヒルサイドギャラリー 東京
1993 「視覚と隠喩」イトーキ銀座ニューオフィスギャラリー 東京
1992 SOKO東京画廊 東京
1991 コンセプトスペース 群馬県渋川市
ヒルサイドギャラリー 東京 
1990 HALSギャラリー 東京
 ヒルサイドギャラリー 東京
1989 ヒルサイドギャラリー 東京

主なグループ展
2020 「佐賀町エキジビット・スペース 1983 – 2000 現代美術の定点観測」群馬県立近代美術館
「春の雷」nap gallery 東京
2019 「地球・爆−10人の画家による大共作展」愛知県美術館
「ヘテロトピア 都美セレクショングループ展 2019」東京都美術館
2018 「Physica−自然哲学としての芸術原理 岡﨑乾二郎 白井美穂 松浦寿夫」表参道画廊 東京
「絵画の現在」府中市美術館 東京
2017 「Leaving Language In A Japanese Limousine」The Metropole Gallery Folkstone
フォークストン イギリス
「アブラカダブラ絵画展」市原湖畔美術館 千葉
2015 「Reflection: 返礼−榎倉康二へ」秋山画廊 Space 23℃ 東京
「花鳥風月 Flower Bird Wind Moon」Santa Monica Arena1 ロスアンジェルス
2014 「東慶太郎 千崎千恵夫 中村一美 小山穂太郎 宮島達男 野村和弘 白井美穂 長橋秀樹 と榎倉康二」Space 23℃ 東京
「横浜トリエンナーレ連携プログラム 東アジアの夢」BankART NYK 横浜
2013 「あいちトリエンナーレ 2013 揺れる大地」愛知県美術館
「瀬戸内国際芸術祭 2013」宇野港 岡山
 「第3回東京アートミーティング アートと音楽―共感覚実験劇場」東京藝術大学大
学美術館 東京
2011 「新・港村―小さな未来都市」新港ピア 横浜
2010 「To – Be 東京+ベルリン コミュニケーションアート」Freies Museum Berlin ベルリン
2009 「第一回 所沢ビエンナーレ美術展 引込線」西武鉄道旧所沢車両工場 埼玉
2008 「アーティスト・ファイル2008―現代の作家たち」国立新美術館
2000 「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ 2000」松代町 新潟
1996 「女性の肖像 日本現代美術の顔」渋谷区立松濤美術館 東京
「レクイエム −榎倉康二と33人の作家−」斉藤記念川口現代美術館 埼玉
「さよなら同潤会代官山アパート展『再生と記憶』」同潤会代官山アパート 東京
「アトピック・サイト On Camp / Off Base」東京ビッグサイト 東京
「Sosie」佐賀町エキジビットスペース 東京
1995 「第6回小彫刻トリエンナーレ1995: 西欧—東アジア」ジュドヴエストLBフォーラム シュトゥットガルト
「ふくい国際ビデオ・ビエンナーレ」福井
1994 「故郷の芸術 Kunst Heimat Kunst」Kunstlerhaus Graz グラーツ オーストリア
「Let the Artists Live!」Exit Art and the First World ニューヨーク
1994 「Watched While Sleeping」ヒルサイドギャラリー 東京
「ファーレ立川」立川市 東京
1993 「アーティストの金細工: 日本とアメリカ」アレッツォ市 アーティスツ・ジュエ リー展 サン・フランチェスコ大聖堂 アレッツォ イタリア
「遊牧民 Nomad」Temporary Kunsthalle Munich ミュンヘン
「Exchange 2」Shedhalle チューリッヒ
「Bolande, Dopitova, Rist, Shirai」プラハ市立美術館 チェコ
「00コラボレーション 詩と美術」佐賀町エキジビットスペース 東京
1992 「Jennifer Bolande, Shilvia Gertsch, Marie- Theres Huber, Pipilotti Rist, Mio Shirai」Shedhalle チューリッヒ
「第1回 habitart メーキング・ルームー素材としての空間―展」パシフィコ横浜 
1991 「未来のクロニクル」メモリーズギャラリー 名古屋
「ザ・サイレント・パッション 日本の女性アーティストたち」栃木県立美術館
「第7回 インド・トリエンナーレ」The Lalit Kala Academy ニューデリー
1990 「第26回今日の作家展 ’90〈トリアス〉」横浜市民ギャラリー 横浜
「渋川現代彫刻トリエンナーレ ’90」 群馬県渋川市
1989 「白州・夏・フェスティバル ‘89」山梨県白州町
「Art Today1989−主題のない四楽章」軽井沢高輪美術館 長野
1988 「Open the Gate」東京藝術大学美術学部陳列館 正木記念館中庭 東京
1987 「フジヤマゲイシャ」大光電気ライティング・ラボ 東京 大阪国際交流センタ
大阪
1986 「フジヤマゲイシャ」京都芸術大学ギャラリー京都 大光電気ライティング・ラボ
東京 

授与
2008 UK-Japan 2008 アーティスト・イン・レジデンス サンダーランド イギリス
2004 チャシャマ・プロジェクト スタジオプログラム ニューヨーク
1998 ポーラ美術振興財団在外研修員 ニューヨーク
1996 フリーマンファンデーションフェローシップ バーモント アメリカ 
1993 アジアン・カルチュラル・カウンシル 日米芸術家交換プログラム ニューヨーク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

洋画専攻SNSリンク

アーカイブ

Translate »