Blog


第89回春陽展 絵画部で春陽会を中心に活動中の洋画家・江口美幸(えぐち みゆき)さんが
春陽会賞を受賞しました。
女子美術大学芸術学部絵画学科洋画専攻を2000年に卒業。在学中の1998年から春陽展に
出品を始め、2011年に奨励賞を受賞、会友推挙を受けた。 植物をモチーフにした大胆な
色面構成の画面を特徴とし、球の会展-春陽会東京研究会展-では’99新人賞’01’11研究賞を受賞、
’11昭和会賞受賞。気鋭の洋画家として注目を集めています。

江口美幸さんコメント
大学を卒業してから、12年が経とうとしています。
私は卒業してすぐ、特許庁の非常勤職員になりました。
その間、公募団体の春陽展と年に2~3回のグループ展を中心に作品を発表してきました。
私にとって、仕事をしながら制作を続けることは決して優しいことではありませんでしたが、
私を支え、応援してくださる方々に出会えたことで続けていくことができました。
特に女子美で出会えた友人がいなかったら、こんなに大きな賞を頂けることもなかったと思います。

【関連リンク_春陽会】
http://www.shunyo-kai.or.jp/shun/index.htm





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »