Blog

《擦れ違い/S字型還元》 2012年 油彩、カンヴァス
259.0×194.0cm 個人蔵 撮影:渡邉 修

客員教授の中西夏之先生の個展が千葉県の川村記念美術館にて行われます。

《擦れ違い/S字型還元》 2012年 油彩、カンヴァス
259.0×194.0cm 個人蔵 撮影:渡邉 修

中西夏之
韻 洗濯バサミは攪拌行動を主張する 擦れ違い/遠のく紫 近づく白斑
http://kawamura-museum.dic.co.jp/exhibition/next.html

会期
2012年10月13日(土)-2013年1月14日(月・祝)
開館時間
午前9時30分-午後5時
(入館は午後4時30分まで)
休館日
月曜日(ただし12/24、1/14は開館)、12/25-1/1
主催
DIC株式会社
後援
千葉県/千葉県教育委員会/佐倉市/佐倉市教育委員会

中西夏之 略歴
1935年東京に生まれる。1958年東京藝術大学を卒業。1963年高松次郎、赤瀬川原平と
ハイレッド・センターを創設、従来の美術制作の枠を越えた反芸術的ハプニング・グループと
目され物議を醸す。
しかし、中西の真の興味は絵画と光=色彩の関係にあったことは、独自の色彩プランを
この時代から探求し始めていたことからも明らかである。また舞踏家・土方巽との舞台芸術に
おける共同作業は、空間と身体と絵画の関係について深く思考する契機となった。
1990年代からは絵画制作と連動する形で、設置される展示空間と密接な関わりをもって
提示されるインスタレーション形式の作品も発表。
それらの仕事は自身の概念「絵画場」の問題に関わっている。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »