Blog




洋画研究室の中村一美先生の個展が国立新美術館にて開催されます。

「 絵画は何のために存するのか。絵画とは何なのか。」

『学生時代の習作から最新作「聖」まで、およそ150点の作品によって中村一美の絵画実践の全貌を紹介するとともに、2010年に構想されながら実現を見ていない、斜行グリッドによるウォール・ペインティングを初めて公開いたします。日本の現代絵画・現代美術の、到達点の一つを確認する絶好の機会となることでしょう。』
- 国立新美術館 -

中村一美展国立新美術館 企画展示室1E
http://www.nact.jp/exhibition_special/2013/NAKAMURA_Kazumi/index.html

<会期>
2014年3月19日(水)~5月19日(月)
※休館日/火曜、5月7日(水)
※4月29日(火)、5月6日(火)は開館

<開催時間>
10:00~18:00
※金曜/10:00~20:00
※4月19日(土)/10:00~22:00
※入場は閉館の30分前まで

<入場料>
一 般:1,000 (800)円
大学生:500 (300)円
高校生、18歳未満:無料(学生書をご提示ください)
※( )内は前売および20名以上の団体料金
※チケットの詳細はこちらをご覧ください

<会場>
国立新美術館 企画展示室1E
〒106-8558
東京都港区六本木7-22-2

<交通案内>
・東京メトロ千代田線「乃木坂」駅青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
・都営地下鉄大江戸線「六本木」駅7出口より徒歩4分
・東京メトロ日比谷線「六本木」駅4a出口より徒歩5分

<お問合わせ>
03-5777-8600(ハローダイヤル)





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Related Article

Translate »